これからが見ごろ春夏の立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルートは日本でヨーロッパのアスプス山脈の様な絶景が簡単にみられる

黄金ルートとなっております

室堂周辺で4月~6月迄は20m近くの雪の大谷を是非バスを降りて見上げてください


TKルートの魅力の一つは6種類の乗り物を乗り継いで北アルプスを満喫する事です

私のお勧めは断然北陸から長野へ通り抜けるルートです

立山高原バスで景色を眺めながら登っていくワクワク感があるからです

ちなみに関西からは立山⇒扇沢で引き返して宇奈月温泉で1泊する方も多いです

大観峰⇔黒部平のロープウェイは支柱が1本もないので大パノラマですが黒部平⇔黒部湖は地下ケーブルです つまり長野側からいくと室堂までほぼ地下です


ダムマニアの方必見

黒部ダムから扇沢まで黒部ダム建設工事において最も困難を極めた関電トンネル内の破砕帯区間(約80m)を歩いて見学するツアーがあります

普段降り立つことができない関電トンネル内を歩いたり、破砕帯から出る湧き水に触れるなど、貴重な体験ができます


現在日本唯一のトロリーバス

黒部ダム⇔扇沢はダム建設の為堀削されたトンネルで排気ガス0のクリーンな乗り物として

2019年からは電気バスとなっておりますがそれまでは架線を引いて運航する

『トロリーバス』で運航していました それが廃止された今、

日本で乗れる唯一のトロリーバスは室堂⇔大観峰のみとなってしまいました



標高2,450mの室堂にはさまざまなアクティビティがありヒュッテもホテルもあります

特に夜しか見られない満点の星空は室堂泊をお勧め

アルペンルートは四季折々楽しみ方も十人十色でどんな時でも期待を裏切りません

先日落石があり現在桂台~美女平は通行止めとなっておりますが

元々環境保全の為マイカーの乗り入れは禁止されております


立山黒部アルペンルートの各種チケットもアイウィングトラベルでご用意できますので

是非自分好みの旅にしてみてはいかがでしょう

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示