top of page

ニュージーランド南島の旅

こんにちは、スタッフYです。

みなさんの好きな国や場所はどこですか?私は日本と同じくらいニュージーランドが好きです。人が優しく、物価もそれほど日本と変わらず、とにかく暮らしやすい国です。首都ウェリントンのある北島と南島から成り、マオリ語で「白く長い雲のたなびく地(アオテアロア)」と言われています。また、ニュージーランド人のことをニュージーランドに生息する飛べない鳥・キーウィからとって「キーウィ」と親しみを込めて呼びます。




 

アイスクリームの消費量はなんと世界1位!アイスクリーム屋さんは至る所に&家庭の冷蔵庫の中には必ずといって良いほど巨大サイズのアイスクリームが常備。




 ホーキポーキーと言うキャラメル味のフレイバーがキーウィたちに大人気です。そのせいか、肥満率も世界トップ3に入る肥満体国。この国でしばらく暮らしたら細身の日本人がみんな普通にデブります、そこんとこは諦めましょう。



そんなニュージーランド、北から南まで見どころ満載ですが、やはり観光するなら壮大な自然を楽しめる南島!南島の独断と偏見のオススメスポット4をご紹介します。

 

 

1テカポ湖

 

ミルキー・ブルーのテカポ湖と善き羊飼いの教会

氷河が動く時に削りだす、ロックフラワーと呼ばれる細かい岩石の粉が湖の水に溶け込んでいるため乳白色になるそうです。いつまでもボーっと眺められる、そんな景色です。





また、テカポは世界でも有数の星空観測スポット!

ここに限らず、南島は空を見上げると、プラネタリウムばりの満点の星空が輝いています。南十字星、天の川、流れ星がこれでもかってくらいジャンジャン見ることが出来ます。「誰かに見せたい景色」に認定したい感じです。

 

 

2.クイーンズタウンの街

「ビクトリア女王が暮すのにふさわしい美しい街」として名付けられました。ニュージーランドと聞いて多くの人がイメージする景色が広がっているのが、クイーンズタウン。本格的な乗馬、バンジージャンプ、スカイダイビングなどなど・・・様々なアクティビティが楽しめます。


ワカティプ湖と2000m級の山々を一望



 

ロードオブザリングのロケ地を4時間かけて巡る乗馬に参加しました






世界遺産ミルフォード・サウンドに行くにはクイーンズタウンが拠点となります。クルーズ船に乗って、10万年もの歳月をかけ大自然がつくりあげたフィヨルドをめぐります。野生のアシカが運が良ければ見れますよ。こちらも必訪です。






3.ペンギンプレイス

 

拠点となるダニーデンはスコットランド文化が色濃く残る都市です。



 

 

そんなダニーデンからすぐのオタゴ半島は野生動物の宝庫!野生ペンギンの保護と繁殖を行う施設、それが「ペンギンプレイス」です。ニュージーランドにしか棲息していない希少種、イエロー・アイド・ペンギンを見学できます。


絶対に大きな声や音を出してはいけません、野生動物の生息する地区に入らせてもらっているという気持ちを忘れないで見学に臨むよう施設の研究員に言われたことが印象的でした。






オタゴ半島に生息する野生のあざらし(左奥)&羊 

人の数より羊の数が多いといわれているニュージーランドなので、羊がそこら中にいるんだと思っていましたが、北島では全然見かけないので、ちょっと感動しました。




また、ダニーデンからクイーンズタウンまでタイエリ峡谷鉄道という観光列車が出ています。「世界の車窓から」さながらで、石丸謙二郎のナレーションとあの曲が脳内に流れ続けます。


ダニーデン駅舎とタイエリ峡谷鉄道




 

4. ニュージーランド最高峰の山・アオラキ・マウントクック

なんと、遊覧飛行したのち、タスマン氷河に着氷できるのです。けっこう高額なので、乗るかかなり躊躇ったけど、思い出はプライスレス。絶対乗った方が良いです!


サザンアルプスを上空から



氷河に着陸!






そして、南島観光の玄関口でもあり、最大の都市クライストチャーチは南島を語る上で外せません。イギリス以外で最もイギリスらしい街と呼ばれ、碁盤の目に区画された街並みと美しい公園や庭園が点在する緑豊かな美しい街です。多くの長距離バスが止まり南島観光の拠点にぴったり。




可愛いトラムが走っていたり・・・





エイボン川を小舟に乗ってパンティングも楽しめます




私は、8日間ほどかけて、オークランド~ダニーデン(空路)/ダニーデン~クイーンズタウン(鉄道)、クイーンズタウン~マウントクック~テカポ~クライストチャーチ(Great Sightsという会社の長距離バス)・・・と、王道スポットを巡り、クライストチャーチからオークランドまで空路で戻りました。


ニュージーランドは日本と同じ右ハンドルなので、レンタカー旅も楽しいと思います!


公式インスタグラムでもニュージーランドの景色を紹介しています。フォローお待ちしています♪


 

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page