top of page

フィレンツェ歴史地区とドゥオモ

こんにちは、スタッフYです。


一番好きな世界遺産はどこか・・・と考えたとき、どこもそれぞれ素晴らしいので選びきれずとっても難しいのですが、「フィレンツェ歴史地区」が自分の中で現時点トップかなと思っています。今回はそんなフィレンツェの街をご紹介します。

 





(ヴェッキオ宮殿から見るフィレンツェの街並み)

 



フィレンツェ歴史地区は「天井のない美術館」と呼ばれ、街全体が世界遺産に登録されています。フィレンツェの街は15~16世紀にかけてメディチ家庇護のもと、経済・文化的に繁栄し、ルネッサンスの中心地となりました。歴史的建造物が多くあり、ボッティチェリ、ミケランジェロといった名だたる芸術家たちによる貴重な名作が数多く残されています。









フィレンツェの街並みは、いつまででも眺められると言うか、何と言うか・・・今までいろいろ旅してきた方だと思うのですが、観光なんて別にしなくて良い、だだ、ずっと街並みを見ていたい、何日でもいれる。って思える魅力溢れた街です。観光大好き人間なので、そんな風に思ったのは初めてでした。

 



(王道のミケランジェロ広場から見渡す街並み)

 

 


その魅力は一体何なのか・・・間違いなくフィレンツェのシンボルでもあるドゥオモの存在だと思います。美しい彫刻が施されたファサードの圧倒的な華やかさ。街歩きをしていて、ドゥオモを見つけると、ついカメラを向けてしまう。どんな角度からも、路地裏の隙間からも、探してしまうドゥオモ




 

 


早朝の静まり返った時間

 







賑わう休日の夜

 






路地裏の隙間から見えるドゥオモ







サンティッシマアンヌンツィアータ広場から見えるドゥオモ


なんと!!!ここは映画「冷静と情熱のあいだ」で竹野内豊演じる順正とケリーチャン演じるアオイがドゥオモで再会した後に会話するあの場所ですよ、みなさん!!


この広場、地元の人が多く、静かで良い感じなので、毎日通ってました。





 


やや本題から脱線しますが、先人のブログを頼りに、一人で盛り上がりまくったロケ地巡りのほんの一部をご紹介

 

順正が通う画材屋



 

 


順正が暮らすアパートメントのある三叉路



 

 映画を見たことある人なら、感動間違いなし。エンヤをエンドレスで流しながらフィレンツェ歴史地区を東西南北歩き回ってロケ地巡りをしました。疲れましたが、やってやった感。達成感です!



 




フィレンツェは街歩きがとてつもなく楽しいです。あてもなく、気になる道を歩いてみてください。素敵な地元民が集まるレストランやバール、文房具屋、革製品など、とっておきのお店に、きっと巡り合えるはず。



 


 



先述の通り、映画「冷静と情熱のあいだ」を見て以来、フィレンツェ暮らしに憧れていたこともあり、アパートメントを2週間借りて滞在してみました。 







キッチン付なので、朝夕、スーパーや市場で食材を購入したり、外で買ってきたラザニアやピザを温めて食べたり、まさにチョイ住み。普通の旅では体験出来ない、その土地に暮らしている感。近年、アパートメント滞在のチョイ住み的な旅にハマってます💡





 

毎朝決まった時間に散歩してみたり、気に入ったバール(カフェのこと)に通い詰めると、知り合いが出来たりします。そんな風に街に馴染んでいくと滞在がどんどん楽しくなってきます。個人的には、ホテルよりもアパートメント滞在は激オススメ。欲張っていろんな都市を短期間で回るより、1都市をじっくり。それがその国を深く知れる思い出に残る旅になると思っています。





 




ドゥオモが見える穴場カフェや、レストラン、美術館情報などなど・・・長くなるのでそれはまたの機会に~。オフシーズンで観光客が本当に少なく、そこで暮らす人々を近く感じることが出来る真冬の2月のフィレンツェ、なかなかオツです。一人旅はたくさんの人に出会えるので楽しいです






みなさんも良い旅を~、Ciao!

ご予約ご相談はアイウイングトラベルまで

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page