京都食べ歩き #2 宝ヶ池

今回は京都宝ケ池、若狭(鯖)街道沿いの老舗茶屋【山ばな平八茶屋】をご紹介します



若狭街道とは現代では京都から滋賀県へ向かうBBQやキャンプルートとなっておりますが

古くは日本海の海産物を近畿圏へ運んだ重要な運搬ルートの1つです

こちらのお店は桃山時代から街道を行き来する旅人の休憩場所となっていました
























もちろん個室。

完全別入口になっています

検温、空気清浄器、アルコール消毒、

アルコール提供もしていない時期がありコロナ対策が万全です










名物は『麦飯とろろ汁』と『ぐじ(甘鯛)』です

ぐじの旬は夏ですが紅葉が素晴らしい秋も絶景でしょう



お部屋からは高野川を一望できます





















宿泊や婚礼等の施設もあります

また釜風呂は今回は利用できませんでしたが

今では珍しい日本古式サウナです

熱いサウナが苦手な方は50-60℃なので心地よいと思います

ランチは非常にリーズナブルなので納涼を求めて洛北へ行ってみてはいかがでしょうか




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示