新しいホテルに泊まろう!京都新規開業ホテル

関西支社手配担当Yです。

京都は日本有数の観光地と言う事もあり今年も新しいホテルが続々誕生しています!

その中から私が個人的に泊まってみたいホテルを4軒ご紹介します。

コロナが落ち着いたら京都観光へと考えておられる方の参考になれば嬉しいです!!


ホテルオークラ京都 岡崎別邸

 2022年1月開業 全60室


(以下はホテルの案内文より)

静謐なひとときを感じられるオークラのスモールラグジュアリーホテル

京都の洛東・岡崎エリア、親鸞聖人草庵跡と伝わる「真宗大谷派岡崎別院(東本願寺岡崎別院)」の隣地に位置し、境内の豊かな自然や日本庭園の四季折々の景色が満喫できるバルコニー付きスイートを含む全60室のスモールラグジュアリーホテルです。

館内には、京都の伝統工芸を担う若手後継者6名によるプロジェクトユニット「GO ON(ゴオン)」が手掛ける意匠が取り入れられ、【新時代の京の美意識】を随所に感じていただけます。1階に位置するレストランは庭園に面し、革新的なフレンチを京都の季節とともにお楽しみいただけます。








丸福樓

2022年4月1日オープン 全18室


(以下はホテルの案内文より)

1889年より歴史を刻んできた任天堂。

その創業地にあたる京都・鍵屋町の旧本社屋がホテルとして生まれ変わる。どこか懐かしい昔と変わらぬ佇まいに息を吹き込んだ設えと、それと呼応するようにそびえる安藤忠雄氏による新たな建築。当時の風格と新鮮な空気を纏った「丸樓」がここに誕生する。観光地や高級旅館・ホテルでひしめく京都の中心地。街の喧騒から少し離れた鴨川と高瀬川に挟まれたこの場所には、穏やかな時間が流れ、心休まる空間が広がる。







THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel

2022年7月7日オープン 全168室


(以下はホテルの案内文より)

本ホテルが出店する元京都市立白川小学校跡地(2011年閉校)は、尋常小学校から数えて100年以上の学問の歴史を刻んできました。周辺に平安神宮、ロームシアター京都、京都国立近代美術館など京都市の文化拠点が点在し、観光地としての華やかさと、市民生活が共存するありのままの京都を味わえる立地です。ただ泊まるだけではない、京都の伝統と文化を感じられるホテルを目指します。インテリアデザインは株式会社乃村工藝社が手掛けます。和の美しさと現代的な機能性の両立を追求した客室、中庭や京都に根差した本物の文化に触れる体験アクティビティなど、滞在することが目的となる、このホテルならではの時間が流れる空間を演出します






ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 京都

2022年4月1日オープン 全125室


(以下はホテルの案内文より)

2022年4月、ロイヤルパークホテルズ「THE」シリーズのフラッグシップブランド「アイコニック京都」が京都・烏丸御池に誕生。JR京都駅から市営地下鉄烏丸線で約5分。地下鉄2線が交差する「烏丸御池」駅から徒歩約2分で、主要な観光地にもアクセス良好です。スイート1室を含む全125室の客室は、全室25平米以上。約200平米という広さを持つ宿泊者用ラウンジ「アイコニックラウンジ」にはファイヤーピットを囲むテラス席もご用意しております。ザ ロイヤルパークホテル アイコニック京都のコンセプトは「あたらしい、あなたに気付く。」滞在しながら、さまざまな「気づき」「発見」をしていただくホテルです。ホテルのレストランやパティスリーでの体験したことのない味、ラウンジで語らい、生まれるインスピレーション、メディテーションで自らと向き合い、見つめなおす時間。魅力ある街とホテルでの滞在を通して、あたらしいあなたを発見し、よりアップデートされた日常に帰っていく。そんなあなただけの発見を「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック京都」で







最後まで読んでいただきありがとうございました!


アイウイングトラベルは

お客様のご要望にぴったりな旅館やホテルの手配も得意にしております。

是非お気軽にお問い合わせ下さい!


閲覧数:13回0件のコメント