時空超えてよみがえった豪華列車「 或る列車 」

更新日:1月31日

JR九州「或る列車」とは?

明治39年(1906年)、九州鉄道がアメリカのブリル社に発注した豪華列車をモチーフに「或る列車」がデビューしたのは2015年8月8日。JR九州初のスイーツを楽しめる列車として大分―日田間を走り始め、その後、長崎、佐世保などへも足を伸ばしました。7年目の2021年11月13日、食事内容をスイーツからコース料理に、運行区間も博多―由布院に変更して再出発しました。


【 車両の外観 】

金と黒を基調とした外観は黄金に輝いています。


【 1号車 】

ロマンチックな色・クラシカルな形・素材は明るく優しいメープル材を使用。車内には2人席、4人席を配置し、木のぬくもりを感じられる車内です。


【 2号車】

 落ち着いた色とウォールナットの組子に囲まれた個室となります。


【 1号車2名利用テーブル 】


【 2号車1名利用個室 】


【 コース料理 】



コース料理は、九州の旬で厳選された肉や魚、野菜を使った前菜から始まり、スープへと続きます。シェフがが九州各地の生産者を訪れ、五感で確かめた質の高いのものだけを使用します。また、器も九州の職人たちがこの列車のために特別に制作したオリジナルを用意。 非日常感あふれる贅沢な時間を楽しめます。メニューは季節により随時変わるようです。

アルコールを含めてフリードリンクなのもうれしいですね。


【 沿線風景 】




【 運行区間 】

金土日月祝日に博多~由布院間に1往復運行。土曜祝日は博多駅11時06分ごろ発、由布院駅14時07分ごろ着。 復路は、由布院駅14時44分ごろ発、博多駅17時31分ごろ着です。※列車の時刻は変更になることがあります。


■100年以上の歳月を経て現代によみがえった豪華列車「或る列車」。博多駅から由布院駅およそ3時間を 極上の食事とおもてなしに満足して鉄道の旅を楽しめます。

由布院駅から由布院温泉に向かい温泉でゆっくりくつろぐのもおすすめです。



閲覧数:12回0件のコメント