鉄道の旅!「 天空 」に乗って高野山へ!

南海電鉄「こうや花鉄道 天空」は、世界遺産・高野山を間近に控えた南海電鉄橋本駅から

極楽橋駅までの19.8km、標高差443m間を運行している特別仕様の観光列車です。

急勾配・急曲線の険しい山間を縫いながら、高野山へ向かう道中を味わうように上へ上へとゆっくりと進む、まさに「天空」の醍醐味が味わえる鉄旅を楽しむことができます。    



【 天空 】

弘法大師空海が開いた世界遺産・高野山は、標高約900mに位置し、その街並みはまさに天空都市の趣です。列車の愛称「天空」は、その高野山が醸し出す印象に由来します。 




【 ワンビュー座席 】

3枚続きのワイドな車窓から、紀ノ川や険しい山間の風景を一望できます。木目調で統一された座席は、幅広い世代から人気です。


【 4人掛けコンパートメント座席 】


【 沿線風景 】

上古沢駅~紀伊細川駅:山岳の険しいパノラマを望むポイント。高野山へと続く町石道が通る尾根がよく見えます。



急勾配トンネル 紀伊神谷駅:紀伊神谷駅ホームから見える大迫トンネルは、山岳鉄道らしい急勾配を実感できるポイント。


極楽橋:終点の極楽橋駅の名前にもなっている朱塗りが特徴の橋。



【 高野山ケーブルカー 】

■「こうや花鉄道 天空」極楽橋駅から高野山の玄関口・高野山駅へは、「高野山ケーブルカー」が運行しています。高低差328m、東京タワーとほぼ同じ高さを約5分で一気に昇ります。


【 高野山 】

世界遺産にも認定されている高野山は、弘法大師・空海によって開かれた1200年以上の歴史がある霊場です。117もの寺院が密集しており、山内の50以上の寺院が宿坊として利用でき、戦国武将ゆかりのお寺、美しい庭や襖絵を楽しめるお寺など、歴史や特徴もそれぞれです。一般の参拝者も宿泊できるので、高野山に訪れたら、宿坊に泊まって非日常的空間を味わって楽しみたいですね。

■アイウイングトラベルは、高野山の宿坊の予約を取り扱いしています。

 お問い合わせお待ちしております。

9回の閲覧0件のコメント